作業工程

見て楽しむ

伊那紬が作られる作業工程の一部をこちらでご覧いただけます。工房見学も受け付けております。

糸作り

伊那紬のやわらかい肌ざわりと
ふわりとした風合いは
糸作りから生まれます。

ソーキング

脱水

乾燥

糸繰り

合糸

撚糸

蒸し

揚返し

精錬

水洗い

脱水

糸叩き

糸繰り

糸繰り

製糸工場から納められるかせの状態の糸をボビンに巻きます。

合糸

合糸

目的の太さにするために2本の糸を一緒に巻き取る作業を数回行います。生糸や玉糸、真綿の手紡ぎ糸など、何を合わせるか、どんな撚りをかけるかで光沢や地風が違ってきます。

生糸

揚返し

糸をかせの状態に戻します。

洗い場

精錬から糸叩きまで

石けんと熱で不要な物質を落とし、水で洗い流します。糸につやが出て空気が入りしなやかに仕上がります。

草木染め

樹皮などから染液を煎じ出し
昔ながらの手染めの方法で染めていきます。
滋味溢れる色合いが魅力です。

原木伐採

山出し運搬

樹皮採取

染材煮出し

媒染

山桜の皮

染材

ふたつのアルプスを望む自然豊かな駒ヶ根市で育った、草木が原料。
現在は化学染料も併用しながら、目的に応じて多様な色彩を作り上げています。

樹皮

種類

やまざくら、りんご、カラマツ、槐(えんじゅ)、どんぐり、一位(いちい)、ロッグウッド、矢車玉、しらかばなど。各種染材は工場で乾燥させ保管しています。

色柄の設計

草木染めは同じ条件でも
微妙に色や輝きが変わります。
草木で染めた糸は
どの色にもなじむのが特徴です。

糸量配分

染色

水洗い

糊付け

乾燥

糸繰り

糸分け

染め糸

染色

完成した糸を染料で染め上げます。

染料

設計

色帳や柄帳を基本に、伊那紬独自の色柄を設計するのは伝統工芸士の3代目と若き4代目。古典はもちろん、メディアに起用されるデザインを提案しています。

整経

糸分けされた糸は経糸(たていと)と
緯糸(よこいと)に分かれます。
ここでは、機織りで織るために
経糸の準備をします。

整経

綜絖通し

筬通し

機掛け

整経

整経

反物の柄になるように経糸を並べます。経糸の本数や長さ、テンションをそろえ、様々な色糸をドラムに巻き取ります。熟練の技と根気が必要な作業です。

完成した糸

完成した糸

多くの手間をかけることで、光沢のある美しい糸に仕上がります。

手織り

昔ながらの伝統を守り
足踏み式の高機(たかばた)で
すべて手織りしています。

製織

仕上げ

検品

湯伸し

製品出荷

ボーダーシャツの人の手織り

製織

職人たちが、目標とする地風を表現するために、きめ細やかな技と丹念な心で丁寧に仕上げていきます。図面をもとに、1本1本緻密な計算で織りあげます。

手織りの手元

仕上げから出荷まで

その後検品や仕上げを施し、ようやく伊那紬が完成します。素朴で温もりのある風合いと、着心地の良さを実感していただけると思います。

0265-83-2202

平日午前8:00~午後5:00
(土日祝祭日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ

メールの場合、お返事まで数日間(休日除く)頂きますのであらかじめご了承ください。

工房見学について

新型コロナウィルスの感染状況によってはお控えいただく場合がございますので、工房見学の最新情報・ご予約・その他お問い合わせはお電話にてお願い致します。ご見学可能な日時等をお知らせ致します。